ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~ 大阪杯 ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報をピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年4月5日に阪神競馬場で行われる「大阪杯」の有力馬の情報を整理していきます。

 

 

ブラストワンピース (牡5歳) 川田騎手 57.0kg
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース

前走のアメリカジョッキークラブカップでは、凱旋門帰りのレースでトップハンデを背負いながら好位から差し切って勝利した。

 

好材料

  • 右回りの成績は4-0-0-3と勝ちが先行している。
  • 前走に引き続き川田騎手が騎乗する。

 

不安材料

  • 基本的には1着か馬券外のどちらかなので、軸には不安がある。

 

 

クロノジェネシス (牝4歳) 北村友騎手 55.0kg

父:バゴ
母:クロノロジスト

前走の京都記念では、重馬場で好位追走し、2着に2馬身の差を着けて勝利した昨年の秋華賞馬。

 

好材料

  • 右回りの成績は3-1-1-1と安定感がある。
  • 阪神競馬場でも阪神JF2着、桜花賞3着の実績を考えると十分に対応する事は出来ている。

 

不安材料

  • 現時点では特に思い浮かばない。

 

 

ラッキーライラック (牝5歳) M.デムーロ騎手 55.0kg
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース

前走の中山記念では、香港帰りの初戦で2年連続の2着に好走した昨年のエリザベス女王杯勝利馬。

 

好材料

  • 右回りの成績は3-3-0-2と安定感がある。
  • 2,000mは秋華賞9着の1戦のみだが、前後の距離結果から考えても訂正距離と考えられる。

 

不安材料

  • 鞍上のデムーロ騎手が、近年なかなか結果を残す事が出来ていない。

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地