ワイドで狙う!穴馬馬券~ フローラステークス ~

スポンサーリンク
競馬予想

過去データをベースに毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年4月26日に東京競馬場で行われる

フローラステークス

の予想をしていきたいと思います。

 

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.04.19 皐月賞

◎サトノフラッグ
⇒5着
〇ダーリントンホール
⇒6着
▲ブラックホール
⇒9着
△ヴェルトライゼンデ
⇒8着

年間回収率(16レース)
投資64,000円
回収32,700円
回収率51%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

レッドルレーヴ (牝3歳) M.デムーロ騎手 54.0kg (6枠11番)

 

東京競馬場2,000mはデビュー戦で2着に好走する結果を残している。

馬場は重馬場の中、上がり最速の34.2の末脚で勝ち馬のフィリオアレグロに0.1秒差で3着馬には6馬身の差をつけている。

そのフィリオアレグロは、共同通信杯で上2頭には大きく離されたが3着に好走している事から、実力牝馬の中でも上位クラスと考えている。

また前走のフラワーカップは差しが届かずに2着であったが、3着になったシーズンズギフトはニュージーランドトロフィーで牡馬相手に2着に好走している。

ここは勝利してオークスへの切符を掴みたい所である。

 

 

ヴォリアーモ (牝3歳) 三浦騎手 54.0kg (6枠12番)

 

今回のフローラステークスと同じ東京競馬場2,000mではしっかりと勝利しており、2,400mでも2着と好走を見せている。

鞍上も2回騎乗している三浦騎手に戻るのも好材料と考える。

新馬戦を除く過去2戦は、間隔を空けてのレースでしっかりと結果を残しているので、今回の中10週でもしっかりとパフォーマンスを発揮する事が出来ると読んでいる。

 

 

フアナ (牝3歳) L.ヒューイットソン騎手 54.0kg (8枠16番)

 

デビュー戦では、超良血馬のアドマイヤビルゴに0.1秒差で2着に敗れたが、3着になったフィニステールが4月25日に行われたあやめ賞で2着と結果を残している。

この牡馬2頭と対等に勝負できた事を大きく評価したい。

過去2戦とも上がり最速の末脚を使う事が出来ているのも、最後の直線が広い東京競馬場では武器になる。

ただし、2戦ともに関西右回りでのレースなので初輸送と左回りでしっかりとパフォーマンスする事が出来るかどうかは未知数である。

 

 

リヴァージュ (牝3歳) 大野騎手 54.0kg (4枠8番)

 

最後の1頭は、どうしても気になったこの馬にしました。

前走の勝ち馬であるウインカーネリアンは、皐月賞に出走して17番人気ながら4着に好走している。

新馬戦でも大外枠から逃げて勝利しているので、今回も前々からの競馬に切り替えてくると予想している。

 

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

~おまけの単複勝負~

読売マイラーズカップ本命馬予想

ヴァルディゼール (牡4歳) 北村友騎手 56.0kg (7枠10番)

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地