ワイドで狙う!穴馬馬券有力馬紹介Part1~ 天皇賞(春) ~

スポンサーリンク
競馬予想

週末に行われる中央競馬のメインレースを1つ選び、出走予定の有力馬や個人的に狙ってみたい馬の情報をピックアップして紹介していきます。

今回は、2020年5月3日に京都競馬場で行われる「天皇賞(春)」の有力馬の情報を整理していきます。

 

フィエールマン (牡5歳) C.ルメール騎手 58.0kg
父:ディープインパクト
母:リュヌドール

前走は、凱旋門賞帰りで有馬記念へ出走すると、4着に好走した。

 

好材料

  • 昨年のこのレースでも勝利しており、京都競馬場での長距離の成績は2戦2勝(菊花賞、天皇賞春)と抜群の安定感である。
  • 鞍上は、上記レースを共に勝利しているルメール騎手も好材料。

 

不安材料

  • 特になし。

 

 

ユーキャンスマイル (牡5歳) 浜中騎手 58.0kg

父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ

前走の阪神大賞典では、多少の余裕残りでの一叩きとなったが、しっかりと勝ち切ってこの舞台に挑む。

 

好材料

  • 昨年のこのレースでは勝ち馬に大きく離される展開となったが5着に好走した。
  • 京都競馬場3,000m以上では勝ち星は無いが0-1-1-1と堅実な走りで掲示板を外していない。

 

不安材料

  • 日曜日の落馬負傷により、主戦の岩田康騎手が騎乗する事が出来ない。

 

 

キセキ (牡6歳) 武騎手 58.0kg

父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ

前走の阪神大賞典では、ゲートで大きく出遅れて道中脚を使ってしまい、ラストは伸びずに7着であった。

 

好材料

  • 2017年の菊花賞以来(海外除く)勝利は無いが、G1でもしっかりと堅実に走ることが出来る実力上位馬。
  • 長距離のスペシャリストである武騎手になるのは好材料。

 

不安材料

  • 近2走は、ゲートで出遅れ思った競馬をする事が出来ていない。

 

 

次回は、狙ってみたい馬について執筆していきたいと思います。

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地