ワイドで狙う!穴馬馬券~ NHKマイルカップ ~

スポンサーリンク
競馬予想

過去データをベースに毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年5月10日に東京競馬場で行われる

NHKマイルカップ

の予想をしていきたいと思います。

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.05.03 天皇賞(春)

◎ユーキャンスマイル
⇒4着
〇キセキ
⇒6着
▲ダンビュライト
⇒9着
△スティッフェリオ
⇒2着

年間回収率(18レース)
投資72,000円
回収32,700円
回収率45%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

タイセイビジョン (牡3歳) 石橋騎手 57.0kg (1枠2番)

 

2走前の朝日杯FSを含む重賞に4度出走し、連対率100%と安定した結果を残している。

人気有力馬が左回り未経験の中で、唯一東京競馬場の経験もあり1,400mではあるがレコードで勝利している。

前走に引き続き石橋騎手が騎乗も好材料。

雨予報もあるが、前走で稍重馬場で勝ち切る事が出来ている。

1,600mが限度の馬ではあると思うが、この世代のマイル王者になるだけの素質と実力は十分にある。

 

 

サクセッション (牡3歳) 横山典騎手 57.0kg (4枠8番)

 

前走のスプリングステークスで皐月賞の優先出走権を確保するも回避してこちらに挑んできたのは、マイルでこそ本来の力を発揮する事が出来るからだと考える。

今回と同じ舞台はデビュー戦で経験積みであり、距離短縮も好材料。

競馬自体は前でも後ろでもしっかりと進める事の出来ている馬だけに自在性は高い。

勝負師・横山典弘騎手に乗り替わりで挑む大舞台で一発逆転も十分に可能と読んでいる。

 

 

ラインベック (牡3歳) 津村騎手 57.0kg (5枠9番)

 

皐月賞では15着と惨敗であったが、この馬にとって全てが条件的に合わなかっただけだと思う。

結果を残しているのは左回りの1,600mであり、今回は条件的にもピッタリの舞台であるのは間違いない。

本日(5/9)の京都及び東京のメインレースにて勝利したディープボンドとビターエンダーはいずれも皐月賞2桁着順。

それだけ今年のクラシック初戦はレベルが高かったし、条件が合わないと太刀打ち出来ない相手であったのは明確。

ディープインパクト×アパパネの超良血馬の意地を見せて欲しい。

「穴の津村」に期待!!!

 

 

ラウダシオン (牡3歳) M.デムーロ騎手 57.0kg (6枠11番)

 

馬場が渋るほどの雨は降らないだろうが、タフな馬場になれば一発逆転も可能。

今回と同じ斤量でしっかりと結果を残す事が出来ている前走のファルコンステークスは、前で競馬を進める馬が軒並み差される中で4番手から2着に好走している。

1Fの距離延長は不安があるものの、走りを見る限りでは対応は十分に可能と読む。

将来的にはスプリント路線に変更する可能性は十分にあり得るが、人気の落ちたここで期待したい。

 

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地