ワイドで狙う!穴馬馬券~ 優駿牝馬(オークス) ~

スポンサーリンク
競馬予想

過去データをベースに毎週メインレースの予想を行っていきます。

買い目に関しては、

◎、▲-〇、△の4点ワイドフォーメーション

の特殊な買い目で、年間通しての100%越えを目標に行っていきます。

今回は2020年5月24日に東京競馬場で行われる

優駿牝馬(オークス)

の予想をしていきたいと思います。

 

前回の予想結果&回収率報告

2020.05.17 ヴィクトリアマイル

◎プリモシーン
⇒8着
〇ノームコア
⇒3着
▲シャドウディーヴァ
⇒10着
△スカーレットカラー
⇒15着

年間回収率(19レース)
投資80,000円
回収32,700円
回収率40%

 

今回の印予想は、以下の通りとなります。

 

ミヤマザクラ (牝3歳) 武騎手 55.0kg (5枠10番)

今年のクイーンステークスを見た時に、何事もなければオークスで本命にする事を決めていた1頭。

桜花賞では5着に好走したが、個人的には良くこの順位まで引き上げてきたと感じたレースであった。

全兄には2017年の不良馬場の菊花賞(勝ち馬キセキ)で3着に好走したポポカテペトルや、2,400m以上で3勝している長距離馬ボスジラを持つ。

桜花賞からの距離延長はプラスに働くだろうし、東京競馬場でも勝利経験があるのも好材料。

内に逃げ馬がいるので、ゲートをすんなり出れば前に着けるのは容易である。

鞍上も武騎手に乗り替わりも手が合うと感じている。

 

 

リリーピュアハート (牝3歳) 福永騎手 55.0kg (6枠11番)

別路線組から選んだ筆頭候補。

2走前には、今回と同じ東京競馬場2,400mで上がり最速の末脚を使って勝利している。

今回のメンバーの中で唯一2,400mを経験している事は大きなアドバンテージになる。

鞍上も3連続で騎乗している福永騎手なのも好材料。

 

 

ホウオウピースフル (牝3歳) 内田騎手 55.0kg (3枠5番)

兄にGⅠ馬ブラストワンピースを持つ期待の牝馬。

前走のフローラステークスでは2着に好走して出走権を勝ち取った。

東京競馬場でも3戦経験しており1-1-0-1だが、2,000mでは1-1-0-0と距離が長い方が安定した結果を残せる。

前走のレーン騎手から内田騎手に乗り替わりなのは割引材料だが、期待したい1頭。

 

 

クラヴァシュドール (牝3歳) M.デムーロ騎手 55.0kg (1枠2番)

桜花賞では3コーナー付近で不利があり鞍上のデムーロ騎手が手綱を引くシーンがあり、ブレーキがかかってしまった。

それでも4着まで順位を引き上げる事が出来たのは十分に実力があるからである。

鞍上も引き続きデムーロ騎手なのも好材料。

レースは1,600mしか経験した事が無いが、東京競馬場でも2着の経験があるので、距離延長に不安はあるがこなして欲しい。

 

以上が今回のレースの予想となります。

 

今週末も競馬を楽しんでいきましょう♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

記事内のスポンサーリンク(広告)とランキングリンクをクリックして応援して頂けると、今後のブログ執筆の励みになります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


競馬予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
【ワイド競馬予想と野球全般】ウナーマンの秘密基地