データ7割、調教3割の日曜メイン予想~オークス~

競馬
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。ウナーマン(@unahara3)です。
自分の予想はデータ7割、調教3割ぐらいの基準で行っています。

今回は、5/19(日)に東京競馬場で行われる「オークス」の予想をしていきたいと思います。
今回、自分が付けた印と推奨理由は以下の通りです。

東京競馬場 オークス
サラ系3歳オープン 芝2400m

 

◎ 4枠7番 シャドウディーヴァ 岩田騎手
最終追い切りは美浦南Wで84.0-67.6-52.4-38.7-12.6の仕上がり。
今回の出走メンバーで1番2400mに対応することが出来るのではないかと思われる。
陣営もオークスを目標にトライアルで権利を勝ち取っているだけに気合いが違う。
東京競馬場でも5戦して1-3-1-0と連帯率100%と相性も抜群。
グランアレグリアがいないオークスの主演女優はこの馬だと思う。

○ 1枠2番 クロノジェネシス 北村騎手
最終追い切りは栗東CWで84.3-68.1-53.0-38.8-11.7の仕上がり。
桜花賞3着馬。
東京競馬場も2戦2勝と相性が良い。
前走は、脚を余してしまったと言っているので2400mへの距離延長かつ直線の長い東京競馬場は大歓迎の舞台。
素質はメンバーでも上位だけに、ポテンシャルで勝ってしまう可能性が大。

▲ 3枠5番 エールヴォア 松山騎手
最終追い切りは栗東坂路で53.8-38.7-24.6-12.3の仕上がり。
前走の桜花賞は7着だったものの、上り3Fは32.9としっかりと脚を使って見せ場を作った。
心肺機能が高いので2400mの距離延長も歓迎。
持久戦の展開に持ち込むことが出来れば穴を開ける事も十分にあり得る。

残りの2頭ラヴズオンリーユー、ビーチサンバも絡めた5頭を検討ベースとし、当日の各馬の状況で判断していきたいと思います。

スポンサーリンク


競馬
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ