データ7割、調教3割の日曜メイン予想~日本ダービー~

競馬
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

ウナーマン(@unahara3)です

自分の予想はデータ7割、調教3割ぐらいの基準で行っています

今回は5/26(日)に東京競馬場で行われる

「日本ダービー」

の予想をしていきたいと思います

同じ年に生まれし7071頭のライバルの頂点を決める闘い

自分が付けた印と推奨理由は以下の通りです。

東京競馬場 日本ダービー
サラ系3歳オープン 芝2400m

 

◎ 7枠13番 ヴェロックス 川田騎手
最終追い切りは栗東CW82.9-67.2-52.3-38.4-11.4での仕上がり。
前走は大本命のサートゥルナーリアとタイム差無しの2着となったが、前走の直線での不利を考慮して本命にした。
東京競馬場は1回経験しており、4着だったものの有利には働くだろう。
今回は、サートゥルナーリアを見ながら競馬を出来る枠順なので川田騎手の手腕で逆転もあり得る。

○ 3枠6番 サートゥルナーリア レーン騎手
最終追い切りは栗東CW83.1-67.2-52.3-38.1-11.6での仕上がり。
無敗で皐月賞を制覇した馬。
この馬が強いのは十分にわかっている。
強いて言うなれば、初めての東京競馬場と今までよりレース間隔が短いのがどのように働くかだと思う。
よっぽどの事がない限りは、馬券内を外すことは考えにくい。

▲ 7枠14番 ランフォザローゼス 福永騎手
最終追い切りは美浦南W56.1-41.0-13.2での仕上がり。
トライアルである青葉賞で2着になり挑む1戦。
陣営も皐月賞は回避して、ダービーに照準を合わせてきた。
東京競馬場では2戦して1-1-0-0と相性が良い。
トライアルで東京競馬場の2400mを経験しているのもアドバンテージに働くだろう。
連覇のかかる福永騎手にも注目である。

面白いのは最終追い切りで一番よく見えたエメラルファイト

距離延長がプラスに働きそうなサトノルークス

前走は出遅れた結果、後ろからの競馬を強いられたアドマイヤジャスタも本来の競馬を出来れば面白い

日本ダービー当日は10万人以上が東京競馬場に訪れます

自分は初めてダービーで指定席を獲得できたので

ゆっくりと観戦していきたいと思います

当日競馬場に訪れる方は

熱中症などにも注意して楽しみましょう

スポンサーリンク


競馬
スポンサーリンク
ウナーマンをフォローする
野球×競馬=俺ブログ