熱き夏が再び!ラグビーを100倍楽しむ為の簡単ルール解説

その他スポーツ
スポンサーリンク

ラグビーのルールって複雑ですよね?

「今のが反則なの?」
「なんでプレーが途切れたの?」
「どのタイミングでボールが奪えるの?」

そんなラグビーですが、いくつかルールだけでも覚えておけば、2019年夏に日本で開催されるラグビーワールドカップを楽しむ事が出来ます。

このブログでは、要点だけを中心になるべく簡単で解り易いルール説明を行いたいと思います。

再び訪れるラグビー旋風に乗り遅れないように、一緒に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

試合時間とプレー人数

試合時間
前後半各40分で行われ、ハーフタイムは12分と決まっております。
何だか中途半端な時間ですね。

プレー人数
1チーム23人構成となります
フィールド上でプレーする選手は1チーム15人、両チーム合わせて30人で試合を行います。
各チームの控えメンバーは8人で、交代も8人まで行う事が出来ます。

得点方法

トライ(5点)
攻撃側が、相手側のゴールラインを越えてインゴール内にボールを持ち込んで地面に押さえる。

コンバージョンゴール(2点)
トライが成功した場合に与えられるゴールキック。
(簡単に説明すると、おまけみたいなプレー)
トライ地点の延長線上に下がった場所の好きな位置からキックを蹴る事が出来る。
五郎丸選手が有名になったプレーです

ペナルティトライ(7点)
相手側の反則がなければ、確実にトライ出来たとレフリーが判断した場合に与えられる。
この際には、コンバージョンゴールは行われない。

ペナルティゴール(3点)
相手チームの反則により与える。
反則を受けた地点からキックでゴールポストを狙う。

ドロップゴール(3点)
プレー中に持っているボールをバウンドさせて、キックする。
ゴールポストに入れば得点となる。

フィールドのライン

ラグビーのフィールドはこのようになっております。
この中でも重要な「3つのライン」について解説します。

  • 10mライン
    試合開始直後やトライ後の「キックオフ」時に、ハーフウェイライン上から、このラインを超えるようボールを蹴る必要がある。
    10mラインを超えることができなければ相手ボールのスクラムで再開となる。
  • 22mライン
    攻撃側は自陣22mラインよりも手前からボールをタッチラインの外に蹴り出し、陣地を獲得する。
  • タッチライン
    フィールド横の長いラインがタッチライン。
    ボールやボールを持った選手がタッチラインを超えたら、ラインアウトで再開となる。

背番号とポジション

ラグビーでは主にFW(フォワード)とBK(バックス)の2つにポジションが分類される。
そして、背番号はそれぞれのポジションで固定となるので、どの番号がどのプレーを行う選手なのかが解り易い。

ラグビーが他のスポーツと違って優しいのはこの部分であると思う。

それではポジションごとに役割を解説していきます。

FW
背番号1,3 PR(プロップ)
スクラムの要となる存在。
相手を押し込む強力なパワーが必要なポジションであり、身体が大きく屈強な選手が任される。
背番号1の選手は相手の背番号3、背番号3の選手は相手の背番号1と組む事になる。

背番号2 HO(フッカー)
スクラム最前列の真ん中でスクラムからボールを蹴り出し、コントロールする役割を担う。
ラインアウト時には、ボールを投入するなど、セットプレーの要となる選手。
強靭な身体と器用なタイプの選手が多い。

背番号4,5 LO(ロック)
スクラムの中心的存在であり、FWの核となる選手。
ラインアウトのボール獲得時には、ボールをキャッチするツインタワーの役割を担う。
背が高く身体の大きな選手が務める事が多い。

背番号6,7 FL(フランカー)
常にボールを追いかけ、タックルや味方のサポートをするポジション。
スクラムから最も早く飛び出してディフェンスし、相手のボール奪取を狙う為、機動力とタックルの強さが求められる。
スクラムの地点によってスペースの広い「オープンサイド」と、狭い「ブラインドサイド」に分けて起用される事もある。

背番号8 No.8(ナンバーエイト)
FWのまとめ役やFWとBKをつなぐ重要な役割を持つ。
スクラムの最後尾のポジションで、スクラムからボールを持ち出してアタックする強さと速さが求められる。
ディフェンスでもFL同様に速く飛び出して、相手のアタックを食い止めるなど、攻守の要となる選手である。

BK
背番号9 SH(スクラムハーフ)
FWとBKの接点となるポジション。
FWが獲得したボールを素早くBKに供給する。
パスのスキルや俊敏性、的確なキック力が求められる選手。
小柄な選手が担う事が多い。

背番号10 SO(スタンドオフ)
BKの中央で攻撃を組み立てるチームの司令塔でもあり、ゲームをコントロールの役目をする。
判断力やゲームをコントロールする力が必要な選手。

背番号12,13 CTB(センター)
BKでは攻めと守りの中心となり、最も体を張ることが多いポジション。
アタックでは突破を狙い、パスやタックルの技術が求められる。

背番号11,14 WTB(ウイング)
トライを取ることが求められる選手であり、スピードやステップが要求される。
最も足の速い選手が担う事が多い。

背番号15 FB(フルバック)
最後尾で守りを固める役割。
トライを防ぎ、アタック時にも攻撃参加して突破役を担う。
ボールを遠くへ蹴るキック力や、ハイパント(高く舞い上がるキック)を獲得する空中戦に強いことも必須。

プレー中の動作と反則

スクラム

ノックオン(ボールを前に落とす)等の後に、FWの選手同士が押し合う。
レフリーの「クラウチ」の掛け声で第一列のPRとHOが腰を落とす。
次に「バインド」で相手チームと掴み、「セット」で両チームが組む。
ボールが投入されたら、HOが足でボールを後ろに送り、SHがアタックする。

反則行為
コラプシング・・・故意に前方に倒れて、スクラムを崩す
アーリーエンゲージ・・・掛け声の前にスクラムを組む
アーリープッシュ・・・ボールが投入される前にスクラムを押す

ラインアウト

ボールを持った選手が、タッチラインの外に出された場合や、キック等でボールが出た場合に適用される。
HOがボールを投げ入れ、残りのFW選手がキャッチしてアタックを行う。

反則行為
ノットストレート・・・ボールが曲がって投げ込まれる

ラック

複数の選手が、地面にあるボール近くで密集している状態。
ラックにおけるボールの争奪戦を「ブレイクダウン」と言う。
選手が密集して、ボールが動かずにプレイが止まった場合には、レフリーがプレイを止める。
ボールの所有権は、ラック時は保有側、モール時は保有していない側のスクラムにて試合を再開する。

反則行為
オーバーザトップ・・・相手側に倒れ込んでボールが出るのを邪魔する
ノットリリースザボール・・・タックルで倒された選手がボールを離さない
ノットロールアウェイ・・・タックルした選手が直ぐに離れなかった
ハンド・・・ラックの中にあるボールに対して手を使う
オフサイド・・・ラックの後方ではなく横から入る

モール

選手が立った状態で押し合いをする。
モールの前進が止まるとレフリーは「ユーズイット」とコールする。
コールが発せられると、攻撃側は直ぐにアタックしなければならない。
アタックできなかった場合には、相手ボールのスクラムで開始される。

反則行為
コラプシング・・・相手を引きずり倒すなど、モールを故意に崩す
オフサイド・・・モールの後方ではなく、横から入る

その他の主な反則

ここで解説するプレイの他にも反則行為はあるのだが、覚えておいた方が良いルールをピックアップして紹介していきます。

相手のスクラムで再開する反則(★☆☆)

・ノックオン
ボールを前に落とす。
不意にパスを受けて、手や腕に当たって落ちた場合も対象となる。

・スローフォワード
ボールを前方に投げる。
基本的にラグビーでは、自分より前にボールを投げてはいけない。

・ノットストレート
ラインアウトでボールがまっすぐに入らない。
この場合のみ相手側は、スクラムかラインアウトでのプレイ再開を選択できる。

相手のフリーキックで再開する反則(★★☆)

・アーリーエンゲージ
レフリーのコール「クラウチ→バインド→セット」に合わせてスクラムは組まなければならない。
「セット」で両チームが組み合うのだが、このコールの前に相手側に組みにいく事。

・アーリープッシュ
スクラムを押すタイミングは、SHがスクラムにボールを投入した後となる。
スクラムにボールが入る前に、相手チームを押してしまう事。

・ノット1メートル
ラインアウト時は、ボールが出た地点のラインから、両チーム50cmずつ間隔を空けなければならない。

・ノットストレート
スクラムでボールがまっすぐに入らなかった場合。

相手のペナルティーキックで再開する反則(★★★)

・ノットリリースザボール
ボールを持った選手が相手にタックルをされて地面に倒された時に、ボールを直ぐに離さなかった場合に適用される。

・ノットロールアウェイ
タックルをしてボールを持った選手を倒した選手は、タその場所からすぐに離れなければならない。
タックル後にその場から離れなかった場合に適用される。

・オーバーザトップ
ボールの上に覆いかぶさるように倒れたり、倒れた選手の上を超えて相手側に倒れこんだ場合に適用される。

・ハイタックル
相手選手の肩より上に入る危険なタックルがあった場合に適用される。

・レイトチャージ
ボール持った選手がキックやパスをした後に、遅れてタックルした場合に適用される。

重い反則の繰り返しに対しては、イエローカード(10分間の出場停止、退場処分)やレッドカード(一発退場)が適用されることがある。

まとめ

ラグビーのルールは全て覚える必要性はありません。
観戦するのに必要最低限のルールと知識を覚えておけば、今年の夏に訪れるビックウェーブに乗り遅れる事はありません。

テレビの前やスタジアムで、日本代表を一緒に応援しましょう。